昨日「小平の家」が上棟しました。



この家は私の同級生がクライアントです。中学生の時に同じ学習塾に通い同じ高校に進学。高校時代は二人共、弓道部に所属していました。

彼が生まれ育った家は築60年の木造住宅。お父さんは数年前に他界し、現在は独身の彼とお母さんの二人暮らしです。数年前から住まいの建て替えを相談されていましたが、具体的には進んでいませんでした。


↑建て替え前の小平の家 外観


↑建て替え前の小平の家 室内

その彼のお母さんが今年2月脳梗塞で緊急入院。

「母の介護のための家づくり」が急遽、動きはじめました。



2017.11.23 / Top↑
中野区で進行中の長屋の計画の現場に来ました。9月末の地鎮祭の後、2種類の地盤調査を行い様々な工法を検討した結果、杭工法を採用する事にしました。

今日から現場がスタート。まずは遣り方を行なっています。

永峰昌治
http://www.wakahara.com







2017.11.16 / Top↑
現在発売中の『なるほど住宅デザイン』(エクスナレッジ)に「汐見坂の家」他、いくつかの設計事例が紹介されました。是非ご覧下さい。






2017.11.14 / Top↑
今日は午後から事務所でバウムスタイル/藤原昌彦さんと共同で進めている「岡山・牛窓の住宅」の打ち合わせをしました。こちらは東京在住のクライアントが定年を期に岡山へ移住するための新築住宅の計画です。

建物は木造平屋建。外装は岡山では一般的な「焼杉仕上げ」を予定しています。

若原一貴


↑若原アトリエの事務所で打ち合わせ。


↑ディテール検討のスケッチ







2017.11.13 / Top↑
今朝は「小平の家」にて建物の配置と地盤高さの関係性を確認しました。既存地盤面が道路からかなり下がっているので、少し地面を掘った後、砂利を入れて突き固めを行います。

永峰昌治
http://www.wakahara.com






2017.10.25 / Top↑
福岡のオフィス内装プロジェクトが着工しました。先日、市内にある鷹野材木店さんの作業場にて飯尾建設の大沼知紀さん、共同設計の鴛海達矢さんと一緒にデスクの試作・確認を行いました。

http://www.wakahara.com












2017.10.21 / Top↑
「藤沢・辻堂の家」に家具が入りました。ハオアンドメイの傍島さんによるダイニングテーブルです。

若原一貴








2017.10.17 / Top↑
本日発売の『オトナリノベーションvol.2』 (別冊住まいの設計)の「オトナ建築探訪」コーナー(84P~85P)に朝倉彫塑館についての記事を書きました。機会がありましたらぜひご高覧下さい。

若原一貴








2017.10.16 / Top↑
木造二階建ての小さな住宅「小平の家」の地鎮祭を行いました。

来春竣工の予定です。

若原一貴
http://www.wakahara.com






2017.10.05 / Top↑
昨日は事務所で諸井工務店の氣仙さんと打ち合わせをしました。現在、入間市で賃貸住宅(長屋)「アパートメント仏子」を計画中です。






若原一貴
http://www.wakahara.com




2017.10.04 / Top↑