3月30日、31日に「そらどまとひかり/日野の家」の見学会を行いました。


今回は新規に住宅建設をお考えの方が対象です。




二日間で6組のご家族に見学いただきました。



土地がまだ見つかっていないという方も

何組かいらっしゃいました。






この家の特徴は

「家そのものが湿度を調整する機能がある」こと。

そして

「エアコンの風がない家」

これは輻射冷暖房を採用しているからです。

土曜日は肌寒い1日でしたが室内はポカポカ。

室温は約20度で家中が均等に保たれつつ、

体感はかなり暖かい。

これは実際に体験して見ないと

なかなかお伝えしにくい感覚です。


また梅雨時や夏など

そらどまの機能が発揮される時期に

見学会を行いたいと思いますので

ご興味のある方は

早めにご連絡ください。



写真は部屋の真ん中に植えた「ハイノキ」。

白い花が咲いていました。






光ダクトによって順調に成長しています。






2019.04.01 / Top↑

現在、日野市多摩平にて進行中の「そらどまとひかり/日野の家」。

本日役所の完了検査がおわりました。


DSC00979.jpg

これから外構工事と植栽工事を行います。





DSC00952.jpg

「そらどまの家」見学会のお知らせ

2019年2月22日(金曜日)
      23日(土曜日)

日野市多摩平にて

丸谷博男さん監修 若原アトリエ設計監理

『そらどまの家』の完成見学会を予定しています。

ご興味のある方はこちらまでご連絡ください。


後ほど現地の地図等お送りいたします。

kazuki@wakahara.com





2019.01.31 / Top↑



現在、日野市多摩平にて進行中の「そらどまとひかり/日野の家」。

内部の塗装工事を行っています。


IMG_6850.jpg


「そらどま」の家の特徴である

「呼吸する壁」

断熱性を確保しながらも透湿する壁です。

IMG_6855.jpg


通常の壁の仕様よりも冬場の室内の乾燥を低減できます。


IMG_6857.jpg



今回、室内に使用している塗料は透湿性に優れた

リボス社の『自然健康塗料・デュブロン』です。


IMG_6863.jpg


仕上がりはツヤの少ないマットな表情。

光ダクトとの相性もとても良さそうです。



建物は来年2月完成予定。

2月末に完成見学会を予定しています。
詳細が決まりましたら改めてお知らせ致します。





2019.01.10 / Top↑



現在、日野市多摩平にて進行中の「そらどまとひかり/日野の家」。

「そらどま」の思想を取り入れた小さな木造二階建てです。




IMG_6405 (1)

現場は順調に進行中。塗装工事の工程に入っています。




IMG_5657 (1)

東洋鋼鈑さんの採光システム「光ダクト」も施工完了。

光を拡散させるようにルーバーを設置しました。
全て白く塗装されると光を反射してさらに明るい室内になります。





建物は来年2月完成予定。

2月末に完成見学会を予定しています。
詳細が決まりましたら改めてお知らせ致します。











2018.12.27 / Top↑
現在、日野市多摩平にて「そらどまとひかり/日野の家」の現場が進行中。

こちらは30代の若いご夫婦と小さなお子さんの住まいで、建築家 丸谷博男さんの提唱する「そらどま」の思想を取り入れた小さな木造二階建てです。

昔の民家から学びつつ最新の技術を用いて日本の気候に適した「新しい心地よさの住まい」の実現を目指しています。

また、旗竿敷地に計画された今回の建物ですが、トップライトから一階の居間までダイレクトに自然光を取り入れることのできる東洋鋼鈑の採光システム「光ダクト」を採用しました。周辺環境に影響されず明るさが部屋の奥まで導かれた快適な空間が実現します。

建物は来年2月頃完成予定です。






若原一貴
http://www.wakahara.com







2018.11.15 / Top↑