2012年は多くの方との出会いがありました。来年はさらに大きな広がりのある年にしたいですね。

皆様ありがとうございました。
来年もよろしくお願いいたします。


若原一貴

2012.12.31 / Top↑
年末から、年明けにかけて新築の計画が二件、動き出します。

一つは埼玉県での歯科医院の計画。もうひとつは都内の都市住宅のプロジェクトです。



写真はその都市住宅の設計図書。
図面はパソコンを使って作成しますが、設計が終わった段階で必ず「青焼製本」にします。これをクライアント、施工会社、設計と、「三冊同じもの」を携えて現場が始まります。

青焼製本は12年前に事務所を始めたときから続けているのですが、この方法によってデジタルなデータがアナログな図面に「変わる」気がしています。

仄かなアンモニアの香りが、現場へ向かう自分の「気持ちのスイッチ」を入れる儀式にもなっています(笑)
2012.12.26 / Top↑
前回の続きです。

藤野のstudio fujinoから、寒川へ、山を超えて南下し、知人の建築家 早田雄次郎さんの見学会へ参加しました。



農地と宅地が半々といったロケーションに、しっくしと馴染む外観。窓は北向きに多くとられています。





内部は簡素な素材を使い、威張ったところがありません。また、窓や照明などの配置を低くし、重心を下げることで、落ち着いた佇まいをつくりだしています。



力強い骨格の中に繊細な配慮が散りばめられ、凛とした空気を持つ気持ちの良い住まいでした。
2012.12.20 / Top↑
週末はクライアントと一緒に神奈川は相模原市、旧藤野町にある『studio fujino』さんに伺いました。



古民家を改装した素敵なギャラリーです。多くは手を加えていなくても、過去と現代が程よく混ざりあった心地よい空間でした。







こちらの主催者であり、家具・工芸デザイナーでもある藤崎均さんの作品。素材の色を活かしたシンプルなもの。





ギャラリーはまだオープンして間も無いのですが、来春以降いろいろな企画が控えているそうです。

今後の活動が楽しみです!

こちらのブログも是非訪れてみてください。
↓↓↓↓
studio fujino
2012.12.18 / Top↑
今週末は知人のオープンハウスに伺いました。





中央線も三鷹をすぎると、昔の農家や、植木畑などが点在し今でも武蔵野の面影が感じられます。



今シーズンの紅葉もいよいよ最後ですかね…本格的な冬到来目前ですが、日差しの心地よい一日でした。


今回おじゃましたのは、設計アトリエの瀬野和広さんが設計した若いクライアントのための木造の住まいです。







瀬野さんは、いつも『天然の乾燥杉』や『天竜の檜』など木材にこだわって設計されています。木の香りのする優しくて柔らかい住まいでした。
2012.12.09 / Top↑
12月になりました。毎朝の寒さも厳しくなってきましたね。今年の残すところあとひと月、現在工事見積中の仕事が2件あり年内には一応の目処がたつところまでいけたら,と思っています。







写真は先週の紅葉。今年はとっても紅葉が奇麗でした。

若原一貴
2012.12.03 / Top↑