お惣菜のお店+カフェ
『たべものやITOHEN』
が先日、無事開店しました。



このプロジェクトではオーナーご夫妻のお店に対する「思い」や「イメージ」を具現化するために昨年から時間をかけて対話を重ねてきました。その対話の中から導かれた「多様なモノとモノとの調和」が今回のデザインのテーマとなっています。



オープンの日、初めて並んだ惣菜、働く人達、訪れたお客さんの活気が店内の空気と混ざり合い、そこに「心地よいバランス」と「調和」を感じることができました。



「多様なモノとモノとの調和」が「食」を通じての「コト」となり、これから多くの出会いや喜びが、このお店から広がる事がとても楽しみです。

若原一貴




『たべものやITOHEN』
練馬区石神井町2-13-5
(石神井公園駅北口より徒歩3分)

設計:若原アトリエ+studio fujino
施工:木村工業
2013.04.27 / Top↑
「小さな都市住宅」の現場は順調に進んでいます。





写真は今年の年賀状に描いたスケッチと同じアングルから…

今はまだ距離感、スケール感が生々しいです(笑)完成すると壁面に現れる光のグラデーションによって、ぐっと広がりのある空間へと変化します。

若原一貴
http://www.wakahara.com
2013.04.15 / Top↑