京都の『河井寛次郎記念館』にいきました。



陶芸家の住まい兼仕事場です。
中庭を回遊するように部屋が繋がり、一番奥には登り窯がありました。表からは、その内部の奥深さは全く想像出来ません。











素朴な中にも豊かさを感じる事ができる居場所…モノをつくる、考えるのに程よいバランスのアトリエだと感じました。
2013.11.25 / Top↑
先日、大阪を訪れました。
打ち合わせの後、阪急宝塚線に乗って
「庄内」の町を訪れました。

多くの細い路地と長屋が残ります。











2013.11.24 / Top↑
先日、Gallery A4(ギャラリーエークワッド)主催の吉村順三設計「三里塚教会(1954年)」見学会に参加しました。

吉村順三の作品集などには載っていないため、あまり知られてい建物だそうですが、小さくて凛とした佇まいの美しい教会でした。

















2013.11.12 / Top↑


8年前に設計した大田区上池台にある木造集合住宅「花塚記念アパートメント」です。先日、雨樋のメンテナンスの為に久しぶりに訪問。



旗竿敷地の奥に…
ひっそりと建っています。



平面計画です。
四戸のメゾネットが線対称になっています。住戸の境の壁をすべて耐震壁とすることで、外周に壁を造らずに済んでいます。その四隅をパンチングメタルの引戸として、半外部のテラス兼、玄関としています。




断面計画です。
四世帯ともメゾネット形式。一階が、食事の為の場所、二階が寝る為の場所として計画されています。二階は勾配天井となっています。



建物のまわりはゆったりとしたスペースとなっていて、様々な木々が植えられています。8年間で緑が大きく成長しました。



低コストの小さなアパートですが、時間の経過と共に緑に囲まれた心地よい棲家になったのではないかと思います。
2013.11.06 / Top↑