「鎌倉の分居」です。

内部左官工事を行いました。
左官施工は「南沢の小住宅」など、最近ずっとお世話になっている「ぬり貫」の谷口さん。



漆喰を練るのに内部だけで300リットルくらいの水を使っているそうです。工事中はその水分が内部に放出されるので物凄い湿気!十分な換気をとりながら作業を行っています。南沢では漆喰に大谷石を混ぜましたが、今回は漆喰に「瓦」を粉にして混ぜています。



ほんのり桜色の壁が仕上がってきました。



2014.05.08 / Top↑