先日、建築家 今井兼次設計の聖母訪問会修院・聖堂を探訪しました。1965年竣工。内部は光の美しい空間でした。また、全体だけでなく細部も丁寧に設計されています。建築家の情熱を感じることができる建物でした。

若原一貴


















2014.10.31 / Top↑
先日、建築家 徳田英和さんの「西鎌倉の家 リノベーション」完成見学会に参加させていただきました。戸建住宅の全面改修です。



高台に建つこちらのお宅は風の抜けも心地よく、二階のテラスからは美しい鎌倉の山々が一望できます。







生活を第一に考えた丁寧な設計に徳田さんの優しさが感じられる住まいでした。










2014.10.26 / Top↑
先日、建築家 阿部勤先生のご自宅にて、日大芸術学部卒業生の集まりがありました。



この住宅は「中心のある家」として広く知られています。シンプルな空間構成でありながら、「陰影」「視線のぬけ」「スケール感覚の変化」が多様な居場所を生み出しています。また内と外とが繋がりが実際の大きさ以上に広がりを与えています。







住まいを隅々まで使いこなしている先生の姿…建築と生活が一体となった心地よい時間と空間でした。



2014.10.20 / Top↑
10月19日から25日までギャラリー上り屋敷にて「家具作家 傍島浩美の仕事」が始まります。ダイニングチェア、スツールなど椅子が中心の作品展示になります。ぜひお越し下さい。





2014.10.14 / Top↑
昨年からの掲載誌情報をまとめました。


新建築住宅特集2013年9月号(吉岡賞一次審査:南沢の小住宅)





建築知識ビルダーズNo14(インタビュー記事)




住宅デザインのルール3 間取りテクニック編 (南沢の小住宅)





『心地のいい家をつくるアイデア213』 (千石の住まい)





建築知識2014年5月号(南沢の小住宅 椎名町の住まい 八王子のガレージハウス)





心がときめく部屋づくりアイデア図鑑(あがり屋敷の家)






センスを磨く! 住宅デザインのルール4 (あがり屋敷の家 椎名町の住まい 練馬のガレージハウス)





別冊住まいの設計 MY HOME100選vol.15(牟礼のアトリエ 小日向の仕事場)





建築知識2014年10月号(中野 角の家)


2014.10.11 / Top↑
先日、タニタハウジングウェアの方々と東京国立博物館で勉強会を行いました。いろいろな時代や様々な場所で作られたモノたちの、素材や形を意識しながら終日、美術館の中で過ごしました。


















2014.10.08 / Top↑
写真は先日、富山で見かけた「ガラスの家」です。




何の建物か気になって、中にいた方に尋ねてみたところ冬場に使う「干し柿小屋」とのこと。周辺を見ると同じような建物があちこちに点在していました。簡素なつくりですが風景に溶け込んでいて美しい建物でした。





若原一貴
2014.10.01 / Top↑