先日、代官山にある旧朝倉家住宅へ行きました。



大正8年に完成した木造住宅です。



主に開口部まわりを中心に見学。障子や襖の細やかな意匠、光と影による奥行きなど様々な居場所のつくりかたを体感することができました。












2015.02.27 / Top↑

大田区の歯科医院改修工事が完成しました。



診察台から中庭が見えます。




造園のデザインと施工はゾエンの蓑田さん。



中庭には四季の変化が感じられるようにと40種類以上の植物が植えられています。



また、手前には水盤を設置。ゆっくりと水滴が落ちて波紋が広がります。こうした「動きのあるデザイン」は不思議と見ていて飽きないですね。


若原一貴


http://www.wakahara.com
2015.02.16 / Top↑
先日、板橋区にある中村好文さんの設計の『ギャラリー fu do ki 』さんにお邪魔しました。










そこで2日間限定ですが、「たべものやITOHEN」の出張カフェが行われました。インド布の展示に合わせた「インド定食」。カレーはもちろん、配色がインドの国旗に!



素敵なギャラリーですので、ご興味のある方はぜひ訪れてみて下さい。




【ギャラリー fu do ki】
板橋区坂下3-8-6

【たべものやITOHEN】
練馬区石神井町2-13-5
2015.02.13 / Top↑
先日、市ヶ谷にある『法政大学55/58年館(大江宏設計)』の見学会に参加しました。現在、敷地内では新校舎が工事中で、完成後にはこちらの旧校舎は解体となります。









障子のような表情の外壁/カーテンウォールや、寺院の回廊のような列柱。印影をもった表情など、モダニズム建築でありながら、随所に『日本的なもの』を連想することができます。





戦後復興期に建設され、安価な材料で出来た質素な空間ですが…機能性や経済性だけではない”建築の価値”を感じることができる建物でした。
2015.02.01 / Top↑