昨日は左官職人のぬり貫・谷口さんと事務所で打ち合わせ。


来週、日大芸術学部の授業で「左官の実演」を行ってもらう予定です。



IMG_2786 (1)

併せて広島で進行中のプロジェクトの「素材」についても相談しました。





IMG_8979 (1)

ぬり貫・谷口さんとは「南沢の小住宅」からのお付き合い。



それ以降、「漆喰に大谷石や瓦を混ぜる」など

色々と新しい素材の表現に一緒に挑戦してきました。



小さな住宅でもこのような職人との対話を通じて

「素材からデザインを考える」ことはとても大切なことだと考えています。






2019.01.16 / Top↑



現在、日野市多摩平にて進行中の「そらどまとひかり/日野の家」。

内部の塗装工事を行っています。


IMG_6850.jpg


「そらどま」の家の特徴である

「呼吸する壁」

断熱性を確保しながらも透湿する壁です。

IMG_6855.jpg


通常の壁の仕様よりも冬場の室内の乾燥を低減できます。


IMG_6857.jpg



今回、室内に使用している塗料は透湿性に優れた

リボス社の『自然健康塗料・デュブロン』です。


IMG_6863.jpg


仕上がりはツヤの少ないマットな表情。

光ダクトとの相性もとても良さそうです。



建物は来年2月完成予定。

2月末に完成見学会を予定しています。
詳細が決まりましたら改めてお知らせ致します。





2019.01.10 / Top↑



今年の仕事始めは「文京の小住宅」の現場へ。


IMG_6753.jpg

クライアントを進行中の現場にご案内。




IMG_6776.jpg

内部の進捗具合は8割ほど。
スケール感や光の具合など
完成のイメージに近づいて来ました。





IMG_6773.jpg

小さなお子さんがいるこちらの住まい。


階段のところが一周できるので
ぐるぐると何周も走り回っていました。


やっぱり『回遊できる家』だと
小さなお子さんは楽しいみたいですね(笑)






2019.01.06 / Top↑



新年あけましておめでとうございます。



2019-01-05


今年も設計活動のほか

「東京建築アクセスポイント」での活動

「日大芸術学部」での講師などを通して

建築の楽しさ、面白さを皆さんと共有していきたいと思います。

よろしくお願いします。


新年初散策はこちら。


IMG_6654 (1)

以前、種田元晴さんから教えていただきました。

建築家 渡邊洋治さん設計

「井籠の家・宮田邸」(1966年)

外から見学しました。











2019.01.05 / Top↑