先日、古川泰司さん設計「suijin_House」
の見学会にお邪魔しました。


IMG_7571.jpg

建築面積10.5坪と、とても小さな「都市型住宅」です。
木や和紙といった柔らかな素材感が印象的です。

IMG_7573.jpg

ロフト空間も「部屋」としてしつらえる事で
心理的な広さを生み出していました。

この規模の設計では「物理的な大きさ」に限界が
あるので必ず領域が「重なり合う」のですが、
二階の主室では、その重なりが無理なく、
とても自然に感じられました。

柔らかな素材感と適度な領域によって
小さくても大きな「豊かさ」をもって
生活する様子が想像できる住宅でした。



関連記事
2011.08.21 / Top↑