日中の暑さも厳しくなってきました。もうすぐ夏本番ですね。建築探訪に良い季節もあとわずか…さすがに真夏は建物をみるより涼しいところでゆっくりしたくなります(笑)



さて写真は中野区にある『ラビリンス』早川邦彦設計 1989年竣工です。この頃、集合住宅の可能性について建築界では様々な議論が起こり、また経済も元気だった事もあり、様々なタイプの実験的な建物が完成しました。こちらもその一つとして数えられるでしょう。



そして、90年代以降、バリエーションに富んだ住まいの在り方の提案が続き、総じて「デザイナーズマンション」等の名称が誕生します。





このラビリンスはその先駆けであり、今も現役で大切に使われています。
関連記事
2012.07.14 / Top↑