【新年明けましておめでとうおめでとうございます。本年もよろしくお願いします。】


高校の同級生がクライアントの「小平の家」。突然訪れた母親の介護と家づくりの記録です。

ーーーーーーーーーーーーーーーーー

2017年8月はじめ。

分筆完了とほぼ同じタイミングで実施設計が完了しました。5月に提案した基本構想からの変更点はこちら。

【実施設計での変更点】

①スロープの位置と玄関を西側に変更
②玄関扉を引戸とする
③台所脇に下屋(パントリー)を追加
④南側に小さなウッドデッキを追加
⑤一階にクローゼットと仏壇を追加
⑥2階納戸の広さを大きくする







実施設計では主に収納についての検討が反映されています。今後、生活スタイルが大きく変化する事と家の大きさが小さくなるために必要最低限の物以下は引越し・解体までに処分する事にしました。

また、今後の車椅子での生活や手摺など介助に必要なものはこの時点では想定しきれないので、ケアマネジャーと相談しながら徐々にしつらえる予定にしています。


見積は清瀬の工務店「木村工業」さんに依頼。見積予定期間は1ヶ月です。






関連記事
2018.01.11 / Top↑