昨日、霧が丘・特別見学会が終了しました。
ご参加いただいた皆様、ありがとうございました。

だんだんと季節も冬に近づいて来ました。
寒くなってくると家の暖かさがありがたく感じます。

「霧が丘の家」には通常のエアコン設備の他に
薪ストーブが設置してあります。

メトスの「ネクター バロッサ」

というストーブです。

DSC00028.jpg

DSC00193.jpg


これ一台で30畳の部屋の暖房はもちろん、オーブンの機能もあるのでピザやパンなどのお料理が簡単にできます。

また寒い日に「ストーブの火」を見ているだけでも楽しいものです。



薪ストーブは密集した住宅地での設置はなかなか難しいことやストーブの操作、薪の調達ルート、保管場所の確保、煙突の清掃など初めて導入するにはハードルが高く感じるかもしれません。

ですが通常のエアコンも設置してストーブを補助的な暖房として考えてみるのも一つの方法です。使い始めればすぐに慣れて来ますので。

DSC00200.jpg


新しい家づくりの時にストーブの導入を検討してみてはいかがでしょうか。


【若原アトリエ 薪ストーブ導入事例】

・南沢の小住宅(東京都東久留米市)
・霧が丘の家(神奈川県横浜市)
・八ヶ岳の山荘(山梨県北杜市)
・野辺山の住宅(長野県南佐久郡)




関連記事
2018.11.25 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://wakahara.blog91.fc2.com/tb.php/555-c5599aa0