若原アトリエのキッチンは大きなオープンキッチンが多いのですが、「牛窓の家」ではセミクローズのスタイルで設計しました。60代の御夫婦が二人で暮らす家なので、さっと手の届くコンパクトな台所です。





キッチン本体はクリナップのシステムキッチン。その奥に一畳の大きさのウオークイン・パントリーがあります。


こうしたパントリーがあれば水や食品の備蓄だけでなくサイズの大きな食器や卓上ガスコンロなど収納に困るものも片付けやすくなります。










こちらの写真は「小平の家」のウォークイン・パントリー。一畳でもこうした収納によって家の使い勝手は大きく違ってきます。







関連記事
2018.11.30 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://wakahara.blog91.fc2.com/tb.php/558-2ca595f6